小学生

小学生コース

アドバンスコース 対象学年:小4・小5・小6

公立中学校に進学するお子様向けの集団授業形式のコースです。中学校進学後も役立つ正しい学習習慣が身につきます。名門私立高校・難関公立高校合格を見据えた学力養成を目標としています。 児童の基礎学力低下を憂慮しかつて行われた「ゆとり教育」について, 開成高校の元校長伊豆山健夫氏は次のように述べました。 「基礎学力の充実に割くべき授業時間を極端に減らし,『考える力』とか『生きる力』とかを子供たちにつけさせよう,と謳っているが,基礎学力のない子供たちに『考える力』を植え付けようとすれば,教える側の『考え』を押しつける結果になる。」

私たちもこれと全く同じ考えです。TSSでは,基礎力の充実を重視し,まず正しい学習習慣を身につけさせることから始めます。そして何度も反復学習をすることによって知識の定着をはかり,やがて考える力を伸ばしていきたいと考えています。 そのための準備は整っています。

さあ、一緒に学習を始めましょう!

万全のサポート体制

TSSの最大の特長は充実したサポートにあります。ポイントを押さえた授業。集中して勉強ができる自習室。わからないときはすぐに質問ができるという最高の環境だからこそ、お子様の能力を最大限に伸ばすことができるのです。

いつでも利用可能な自習室

学習効果を上げるためには、集中して勉強できる環境が必要です。TSS自習室を常に開放しています。また、入退室をしっかりとチェックしているので安全です。授業前後の質問にもしっかりと対応します。
費用・時間割はこちら

適性検査対策コース 対象学年:小5・小6

2005年(平成17年)の都立白鴎高等学校付属中学校開校を皮切りに、公立中高一貫校が都内でも根付いてきました。今なおその人気は高く、倍率7倍近い狭き門になっています。私立中学校の試験と違い、出題範囲は小学校の学習内容がベースとなりますが、持っている知識を「運用」「表現」する力が必要な「適性検査」は大人が受けてみても一筋縄にはいかないものもあります。TSS南千住教室では、基礎学力を固めると同時に、その知識を使って問題を解決する力を養うためにこのコースを設置してあります。公立中高一貫校の受検を目指す生徒さんはもちろん、少し違った角度から普段の勉強内容を掘り下げたいという生徒さんにも受講をすすめたい内容です。

コース概要

2016年3月に、より充実した編成に再編した都立中受験をめざすための適性検査対策コース。今回の再編で、これまでの選択講座形式からコースとして独立し、適性検査対策だけの受講・通塾ができるようになりました。さらに、コースのスタートを小学5年に変更し、5年生から適性検査対策を始めることが可能になりました。 [小学6年生] ①適性検査対策 算数・国語 この科目では、小学校の学習過程よりも高度な内容を国語・算数それぞれの別の授業として学習します。国語では、熟語の知識や慣用句などの言語知識の練習や適性検査の小論文に通じるような話題の論説文なども扱いながら、適性検査最大の特徴である記述問題を多く扱いその対応力を養います。 ②適性検査対策 文系・理系 この科目は、適性検査問題に対応するためにあえて教科の枠をはずして、表現力をより必要とする文系教科と思考力・分析力を必要とする理系教科というくくりで授業を行うものです。 こういった教科横断型の学習こそが、小学校で学習した知識の融合性を高め幅広い思考力や分析力を育てます。 ③適性検査対策 作文 適性検査は小論文だけに限らず、多くの設問で記述することが必要となります。その記述問題量こそが適性検査最大の特徴といってもいいでしょう。記述の成否が合否の分かれ目となる可能性の高い記述力を養うのがこの科目です。自分の考えやその根拠を論理的に書き上げるための基礎知識の説明、練習、添削を行います。また、添削を参考にした書き直しまでを行うことができるのは作文講座として十分な授業時間をとっているからこそです。 [小学5年生] ①適性検査 算数・国語 ②適性検査 理科・社会 適性検査では、算数や理科の出題に比重がある傾向が見られます。TSSでは従来の国語・算数・理科・社会といった教科の枠を取り除くことで、適性検査に向けた学習をより効率よく進められるように教科編成を作りました。小学5年生の段階では、まず国算という枠組みの科目で算数の応用問題を解くという算数的内容の学習に加え、解答に至るまでの根拠を文章化させるといった国語的要素を融合させた授業を行います。そして、理科・社会では小学6年生での演習に備えるための知識を養うことを中心に授業を行います。また、さらに適性検査での出題傾向に即した学習内容であるため、小学校の学習内容の発展内容を学習することもできるので、小学校の学習内容より上のレベルでの学習を進めたい方にもお薦めできるコースとなりました。

TSS南千住教室 カリキュラム

新たに開設した「適性検査対策コース」では小5時点から適性検査問題を強く意識した授業構成をつくり、出題比重の大きい理系教科に偏ることのないよう思考と表現を養う算数・国語、知識力を養う理科・社会の授業編成で適性検査問題に対応するための土台づくりを行います。小学6年生になると1学期の間は、基礎学力の確認・反復練習とともに、持っている知識を結び合わせて答えを導き出す「考える授業」を行います。曲線で囲まれた部分の面積を求めるにはどのような見方をすればいいのか、なぜ焚き火の薪はすきまをあけて組まなければならないのかなど、身近なものを題材として考える習慣をつけていきます。小学6年生の夏休み以降はいよいよ受検本番に向けた演習中心の授業を行います。

学力テスト(4教科)・中高一貫校対策模試

適性検査では、資料の読み取り、自分で考える力に加え、自分の言葉で表現する能力が問われます。その対策として、小学5年生は年4回、小学6年生は年6回公立中高一貫対策模試である「公中検模試」を実施します。その中で志望校判定も行います。また、「公中検模試」を実施しない月には基礎知識の達成度を確認するために4教科の学力テストを実施して各学年のその時点における学習達成度を測ります。

夏期特訓合宿(小6)

小学6年生の夏には夏期特訓合宿があります。他地域の公立中高一貫校受検生と一緒に授業・テストを行い、受検への意識を高めて行きます。 適性検査対策のテキストを使い、短期集中で最大の効果を得られるようになっています。スタッフや他の生徒と寝食を共にしながら、自分の限界にチャレンジします。

いつでも利用可能な自習室

学習効果を上げるためには、集中して勉強できる環境が必要です。TSSは自習室を常に開放しています。入退室をしっかりとチェックしているので安全です。また、授業前後の質問にもしっかりと対応します。

万全のサポート体制

TSSの最大の特長は充実したサポートにあります。ポイントを押さえた授業。集中して勉強ができる自習室。わからないときはすぐに質問ができるという最高の環境だからこそ、お子様の能力を最大限に伸ばすことができるのです。

費用・時間割はこちら

四谷コース 対象学年:小4・小5・小6

小学生女の子
国私立中学校を受験するお子様向けのコースです。四谷大塚の「予習シリーズ」をメイン教材として使用し、週単位、月単位で実施されるテストで学力をチェックしながら中学受験に必要な高度な学力を身につけます。ご入会にあたっては、入会テストの受験が必要になります。 TSSの中学受験コースには以下のような特長があります。 四谷大塚「予習シリーズ」を使用
予習シリーズ算数・国語・理科・社会

四谷大塚「予習シリーズ」

中学入試に絶大な信頼と実績を誇る、四谷大塚の「予習シリーズ」を中心に授業を進めます。中学受験生の2人に1人が使用すると言われる、「予習シリーズ」は、最新の入試動向を踏まえているばかりでなく、「自ら考える力を伸ばす」ことにも力を入れている、中学受験生のための最良のテキストです。理科・社会などはカラー図版などの資料も豊富で、わかりやすいだけでなく、学習することが楽しくなるような配慮もされています。

1単元=1週間のわかりやすい構成

テキストの各単元には、「第1回」「第2回」と回数が明示されています。これらは、四谷大塚の学習カリキュラムに沿っており、1回分の内容が1週間で学習する内容になります。

反復学習ができるカリキュラム

小学4年〜6年の7月までに必要なすべての単元を学習します。6年生の夏以降はより実践的な学習へと進みます。一通りの学習を終わらせるまでは決して平坦な道のりではありませんが、類似の問題が繰り返し出てくることで反復学習ができるようになっています。

解答・解説が充実!

解答・解説が充実していることも「予習シリーズ」の特長です。「何が問われているのか」「どのように答えを導くのか」「どのように答えなければならないのか」などが詳しく書かれた別冊の解説をしっかり読むことにより、明確な解答を作ることができるようになります。

副教材も充実!

予習シリーズを補完する副教材も充実しています。「計算」(算数)、「漢字とことば」(国語)、「考える社会科地図」(社会)、「演習問題集」(全教科)、「実力完成問題集」(6年生 全教科)など、目的別・難易度別の問題集を必要に応じて取り入れることにより、メリハリのついた授業と学習指導が可能になっています。   YTnet提携塾 TSSはYTnet提携塾です。4年生は月に1回の月例テストを当教室で受験します。5・6年生では四谷大塚の公開テスト(外部会場実施)を積極的に受験し塾外のライバルたちの中での自分の位置付けの把握や志望校への合否判定を通して各単元の達成度の向上を目指します。

YTnetとは

YTnet(ワイティーネット)とは、四谷大塚と提携を結び、四谷大塚の学習カリキュラムに沿った受験指導を行うシステムのことです。YTnet提携塾は四谷大塚と同じカリキュラムに沿って授業を行うため、どの塾でも基本的に同じ単元を同じペースで進みます。このため、転居などで塾を変えることになっても、スムーズに授業を受けることができます。

TSSでは月1回の公開テスト

集中してテストに取り組むときは、子供の学力が最も伸びるときです。全力を出し切ってテストを終了し、その後の復習(やり直し)を徹底することで知識の整理をします。また、「できるつもり」「わかっているつもり」だったはずが、思いがけず正答することができない場合もあります。自分の弱点を見つけることもテストの大切な目的の1つです。TSSではテストを「やりっぱなし」にはさせず、もっとも効率のよい利用を実践します。 万全のサポート体制 TSSの最大の特長は充実したサポートにあります。ポイントを押さえた授業。集中して勉強ができる自習室。わからないときはすぐに質問ができるという最高の環境だからこそ、お子様の能力を最大限に伸ばすことができるのです。

入試を熟知した専任講師陣

TSSには経験豊富な講師陣が多数在籍しています。これら多くのベテラン講師が、生徒の潜在する能力を引き伸ばし、これまでに多くの難関校合格者を輩出してまいりました。また、地域密着型の学習塾として、近隣の私立中学校へも、着実に合格を積み重ねています。

いつでも収容可能な自習室

学習効果を上げるためには、集中して勉強できる環境が必要です。TSSは自習室を常に開放しています。入退室をしっかりとチェックしているので安全です。また、授業前後の質問にもしっかりと対応します。

弱点補強

通常の授業の他にも授業時間外での質疑応答の時間を確保しております。理解度が弱い単元や未消化の分野のチェックをしていきます。お子様の現状学力、志望校などに合わせて効率よく指導いたします。

費用・時間割はこちら

個別指導 対象学年:小1・小2・小3・小4・小5・小6

  • 責任と情熱を持って指導します。
  • 先生1人に生徒は2人まで
  • カリキュラムは1人ひとりオリジナル
  • 曜日・時間が選べます
  • 毎月「指導報告書」を送付します
  • 授業の振替が可能!
  • 先生との相性を考えます

このページのトップへ移動

スタートのページへ移動

資料請求・お問合せ

Scroll Up